MENU
カテゴリー

ケルヒャーK5故障履歴年表

2017年3月に購入した「ケルヒャー高圧洗浄機K5サイレント」の故障履歴を故障個所別にまとめてみました。サンプル数イチですが、これからケルヒャーK5を購入予定の方は耐久性などの参考になればと思います。

使用環境
  • 使用頻度:一週間に2台の洗車をする程度(1台10分位)
  • 給水方法:水道水と雨水タンクの貯め水を半々位
  • 保管場所:玄関の軒先(厳寒時のみ玄関内)
  • 購入場所:Amazon
  • 保証期間:ユーザー登録による3年間(登録なしだと1年です)
目次

内部洗剤ホース外れ(初期不良保証)

2017年3月(購入から0日)

Amazonで購入後、自宅に届いたケルヒャーK5を組立て試運転をしてみると洗剤が出ませんでした。

そうです、まさかの初期不良品です。原因は本体内部の洗剤ホース外れ。

初期不良なので勿論保証で直してもらう事が出来ましたが、梱包して修理センターに送ったりと、買ってすぐに面倒な事が起きてがっかりしたのを今でも覚えています。

私はかなりの数の電化製品や電動工具をネットで購入してきましたが、初期不良だったことはほとんどありません。

運が悪かったのか、それともケルヒャーは初期不良が多いのか!?真相は不明です。

トリガーガン接続部水漏れ

2019年1月(購入から1年10ヵ月)

トリガーガンとリールホース接続部から水漏れが発生。原因はリールホース先端の接続部Oリング千切れによるもの。

ホームセンターで販売されている水道用Oリングを流用して修理しました。

給水ホース接続部の水漏れ

2019年1月(購入から1年10ヵ月)

給水ホース接続部からの水漏れが発生。原因はカップリング部のOリング劣化によるもの。

ホームセンターで販売されている水道用Oリングを流用して修理しました。

高圧ホースの被覆破れ

2020年10月(購入から3年7か月)

高圧ホースの外側を覆っている黒い被覆が所々破れました。ホース内側は損傷しておらず、水漏れもありません。

破れているところがそれ以上広がらないようにビニールテープでぐるぐる巻きにして対処しました。今のところ問題ありません。

スイッチの故障(接点不良)

2021年1月(購入から3年10ヵ月)

数分間使用していたところ、突然動かなくなりました。その後何分か放置すると再稼働するものに、数分でまた止まるの繰り返し。

原因をネットで調べてみると、内部可動スイッチの接点焼き付きによるものである可能性が高いとの事。

重い腰をあげてDIYで分解修理してみると、見事に復活しました。

↓分解修理の様子はYoutubeにアップしましたので参考になればと思います。

バリオスプレーランスのノズル詰まり

2022年1月(購入から4年10ヵ月)

バリオスプレーランスをハード側にしているにもかかわらず、水圧が弱く、噴射角度もおかしくなってしまいました。

原因はノズル先端に砂粒のような物が詰まったからです。どこのご家庭にでもあるクリップで突いて詰まりは直りました。

バリオスプレーランス先端の水漏れ

2022年1月(購入から4年10ヵ月)

バリオスプレーランスの先端から水の粒がポタポタとしたたり落ちるようになってしまいました。

原因はバリオスプレーランスの先端ノズル部Oリング千切れによるものでした

モノタロウで購入した汎用Oリングを代用して100円かからずDIY修理する事に成功しました。

外装の色褪せ

画像は2022年1月(購入から4年10ヵ月)

購入から3年目位から黄色い外装パーツの色褪せが目立つようになり、今ではかなり薄黄色になっています。

色褪せの原因は軒下とは言え、紫外線が当たる屋外に保管していることが多いからだと思います。

色褪対策には、屋内保管するか、屋外に保管するときはなるべく日陰に置いたり、適当なカバーをかけて保管することだと思います。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる