マキタ急速充電器DC18RCの使い方

マキタの7.2V~18V用急速充電器DC18RCの使い方、バッテリー充電方法です。中古で購入したり、譲ってもらったなど、説明書がない方の参考になれば幸いです。

目次

バッテリー充電方法

充電器の電源プラグをコンセントに差込します。充電表示ライトは緑の点滅となります。

バッテリーを充電器の溝に合わせてスライドさせ、カチっと音がする奥まで差し込みます。充電器にある透明なカバーはバッテりー挿入と共に開閉しますのでそのままでOKです。

バッテリーをセットすると、充電表示ランプが赤に点灯して、現在設定されている充電完了メロディーが少しの間流れた後、充電が始まります。※メロディー変更のしかたはこちらから

充電が終わると、緑ランプが点灯し、充電完了メロディーまたはブザーが鳴ります。充電時間は周辺温度や、使用状況によりばらつきがあります。

充電が終わっても冷却ファンが動き続ける場合があります。直ぐに使用しないのであれば、冷却ファンが自動で止まるまで待ちましょう。※冷却ファンが止まるまで待つのが推奨されていますが、ファンが止まらなくてもバッテリーを取り外して直ぐに使えます。※充電完了しても冷却ファンが動かない場合がありますが、故障ではありません。

バッテリーのロック解除ボタンを押しながら、本体からバッテリーを取り外します。電源コードを抜いて充電完了となります。

以上、マキタ急速充電器DC18RCの使いかたでした、なんらかの参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • マキタ急速充電器DC18RCを中古で購入しました。充電器の電源プラグをコンセントに差込ましたが、充電表示ライトは緑の点滅となりません。

コメントする

目次
閉じる