マキタ純正充電器DC18RC故障かなと思ったら

本日、電池残量が少なくなってたので、いつものようにマキタの18VバッテリーBL1850を純正充電器DC18RCにセットした時のこと、なにやら様子がちょっとおかしい・・・

いつもは充電器にバッテリーをセットすると起動音が鳴った後「ウィ~ン」って音がして送風ファンが稼動すり音がするのですが、今日はしません(汗)

もしかして、充電器壊れたのか!?1年そこそこしか使ってないのに。

先ずはランプの確認。赤いランプが点灯しているので、これはいつもと変わらない。いつもと違うのはファンが回っていないということのみです。

充電環境もいつもと変わらず、同じ部屋での充電。やはり故障なのか!?だとすれば充電器購入か修理と、いずれも出費は否めません。

目次

説明書を見る

こういうときは、冷静になり説明書を読み返すのが一番!さっそく机の奥に仕舞い込んでいた取り説を引っ張り出し、充電器の詳細を確認してみる。

すると、以下のような一文を見つけました!!

「充電中、送風の音がしない場合がありますが、【黄】のランプが点滅していなければ故障ではありません。冷却ファンを停止して充電することがあります」

どうやら、故障ではないみたいです!いや~ホットしました!

ファンは回っていませんでしたが、数十分後、終了音と共に充電は無事終了しましたし、バッテリーの動作も問題ありませんでした!

バッテリー温度によるもの?

いままで何十回と充電してきたなかで、ファンが回らなかったのは今回が初めてでしたので、故障と勘違いしたわけですが、ファンが回らない条件ってあるんですかね!?

バッテリー内部の温度や室温が関係しているのかもしれませんが、今回のケースは故障ではないので安心しました!

同じような事象でお悩みの方の参考になれば幸いです!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる