マキタ 新型 インパクトドライバー TD171D(RGX) 新機能/旧モデルとの違い

マキタの最高峰18Vインパクトドライバーが約2年ぶりにモデルチェンジし、新型のTD171Dが発売されました!発売して直ぐに購入してみましたので、新機能、前モデルTD170Dとの違いなどをご紹介してみたいと思います!新発売されたTD171Dには本体のみ販売、本体と充電器、バッテリー、ケースがセットになったセット品がありますが、今回はセット品を購入しました。

目次

新型の主な特徴

最大締め付けトルク180N・mにアップ!旧モデルは175N・m

楽らくモードが4モードに増加

手元(人差し指)で打撃力切り替え可能

左右分離LEDライトで視認性アップ

ビットブレ低減ベアリング(ほぼゼロ)

全長が1mm短縮

旧モデルとの外観比較

正直外観の違いはあまり感じられません!全長が1ミリ短くなった(117mm→から116mm)とのことですが、見た目では分りません。

右側面画像です。基本形状は変わっていない感じですよね。

正面から見ると、LEDの配置が変わったことが分ります。

後姿も目立った変化はないですね。といった感じで外観はほとんど一緒に見えるのですが、細かいところが色々進化しているので、次の項目で説明したいと思います!

新機能

最大締め付けトルクがアップ

最大締め付けトルクが従来機のTD170Dの175N・mから180N・mとなり、5N・mアップしました!たかが5N・mと思うかもしれませんが、ビット折れを考えればちょうど良いトルクといわれています。

ビットぶれ大幅低減4

ビット取り付け部のボールベアリングが強化され、ビットブレが大幅に低減(ゼロブレ)されました。従来機は新品でもブレが目立ったので、うれしい進化です!カムアウト率も下がりますので、おのずと仕事の効率も上がりますね!

LED配置変更

LED照明が従来の真ん中から、左右に分離されて設置されました。

LEDは双方2発仕様ですが、左右に分離されたことにより、ビット、ビス回りに影が出難くなりました。

打撃速度手元切り替えボタン

従来機ではLEDが設置されていたところに手元ボタンがセットされ、押すたびに打撃の速さを変えられるようになりました。打撃速度は弱、中、強、最速と従来モデルと同じ4段階ですが、人差し指で簡単に打撃速度を変更できるので、仕事の効率アップに繋がりますね。本体下部のメイン操作盤でも打撃は変えられます。

4モードに増えた楽らくモード

楽々らくモードが、木材、ボルト、テクス薄、テクス厚、と4モードに増え、シーンに合わせた回転スピードの調整幅が広がりました!メイン操作盤はバッテリー残量表示がなくなりましたが、現行バッテリーはバッテリー自体に残量表示があるので特に不便はしません。

●木材モードは最初ゆっくり、その後自動変速して一気に締めこみます。
●ボルトモードは正回転時は一気に最速締めみ。逆回転じは緩みを感知してオートストップします。
●テクス薄はビスが貫通したら自動検知し停止します。
●テクス厚はビスの頭飛び防止とカムアウト低減します。

よく使うモードを記憶可能・メモリー機能

新型TD171Dにはよく使用するモードを記憶させておくメモリー機能もあります!よく使うモード中に手元ボタンと打撃ボタンを同長時押しで登録完了し、次に使うときは手元ボタンを押せば、記憶したモードですぐ使えます。いったん、別のモードに切り替えても、手元ボタンをおせば、よく使うモードに一瞬で切り替えられますので便利ですね!8種のモードから1つ記憶可能となっています。解除は手元スイッチとライトスイッチを同時長押しです。

ボタン操作一覧
使用ボタンはたらき確認方法
手元ボタン+打撃ボタン
(長押し)
選択中のモード登録(メモリー機能)登録完了後、設定ランプと登録したモードのランプが点滅
手元ボタン+ライトボタン(長押し)登録したモードの解除解除後、設定ランプと打撃力のランプが点滅
手元ボタン+楽らくボタン
(長押し)
手元ボタンの無効化(もう一度同じ操作で有効)スイッチパネルの全ランプが点滅
手元ボタン(メモリー機能未使用時)打撃モードの切り替え切り替え時にランプが一回点滅
手元ボタン(メモリー機能使用時)登録したモードへの切り替え(もう一度押すと直前に使用していたモードに戻る)切り替え時にランプが一回点滅

手元ボタンが無効化されても、モード登録と解除は可能です。その際、手元ボタンは有効化されます。

動画版比較

マキタ新型インパクトドライバーの現物を動画でご覧いただけます!こちらも参考にしてみて下さい!

仕様スペック表

基本的に回転数、打撃速度は従来モデルと同じようです。楽らくモードのみ多少変化がありました。

TD171Dの仕様
バッテリ電圧18V
最大締付けト ル ク 180N・m
締付け能力小ネジM4~M8
普通ボルトM5~M16
高圧ボルトM5~M14
コースレッド22㎜~125㎜
回転数打撃モード最速毎分 0~3,600回転
毎分 0~3,200回転
毎分 0~2,100回転
毎分 0~1,100回転
木材毎分 0~1,800回転
ボルト(正転時)毎分 0~3,600回転
テクス用(薄板)毎分 0~2,900回転
テクス用(厚板)毎分 0~3,600回転
打撃数最速毎分 0~3,800回
毎分 0~3,600回
毎分 0~2,600回
毎分 0~1,100回
木材毎分 0~3,800回
ボルト(正転時)毎分 0~3,800回
テクス用(薄板)打撃開始直後に停止
テクス用(厚板)毎分 0~2,600回
寸法(バッテリー込み)長さ116㎜×幅79㎜×高さ236㎜
重さ(バッテリー込み)1.5㎏(BL1860B装着時

というこで、今回はマキタの新型インパクトドライバーTD171Dの基本的な性能、機能をご紹介しました!これから色んな場面で使っていきますので、新たに気づきがありましたらまた記事にしたいと思います!

まだ出たばかりで、通販サイト、店舗ではTD170Dをメインで置いてあるところもあるようです!せっかくですから、新型を買った方がお得ですので、その辺は気をつけてください!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる