マキタ 新型 インパクトドライバーケース 機能性アップ

マキタのインパクトドライバーTD171Dが発売されたのと同時に、ケースも新しくなりましたのでご、新機能、性能などをご紹介したいと思います!

※充電器もモデルチェンジしました。詳細はこちらからどうぞ!

目次

外観比較

左は従来のインパクトドライバーケースです。ロゴの位置、一段目の蓋の大きさも全く異なりますね。

一段目の収納部をみてみると、収納スペースが大幅に増えています!

従来型はこのように左右に無駄なスペースが、ありますが、、、、

新型ケースはケース端まで目一杯収納スペースがあります!小物入れの数も増えました!収納量が増えた分、蓋のロックも従来型りしっかりした物になってますので、勝手に空いてこぼれる心配も無さそうです!

メインの収納スペースは新旧あまり差はありませんが、新型は一段目の収納が増えた分、一段目底部がメインの収納のほうにちょっと入り込んでいます。基本的にデッドスペースだったところなので、特に問題はないですね!

インパクトドライバーと充電器、バッテリーを収納するとこのようになります。

新機能

取っ手簡易ロック機能

従来型ですと、メインロックをし忘れてケースを持ち上げてしまうと、中身がバラバラに飛び出す事がありました。

しかし、新型では、ロック忘れ防止機能が付いていて、不意にケースを持ち上げても簡易ロックがかかり、中身が飛び出すのを防いでくれます!

構造としては、取っ手が持ち上がると、フックが蓋に掛かるようになっています。取っ手が上がってないときはこの簡易ロックは解除されます。この機能は地味にありがたいですよね!

両サイド取っ手付き

新型ケースには両サイドに取っ手が設置されました!これにより棚からの取出しが容易になりますね。

職人車の荷室は広いですから、サイドに取っ手があると便利なんですよね~!現場の声をフィードバックしていることが伝わってきます。

旧モデルに積み重ね可能

色々と変化(進化)した新型ケースですが、重ねたときの横滑り防止溝は、従来型と互換しますので、問題なく重ねられます。

全体の寸法自体はさほど変化はないので、この様に違和感無く重ねられました。

以上、簡単ではありますが、マキタの新型インパクトドライバーケースのご紹介でした!これからケースを買おうとしている方は旧型を買わないようご注意ください!

発売されたばかりで、通販、店舗ではまだ旧型のケースをメインで扱っているところもあるようです!

動画版解説

こちらは同商品の動画版です!こちらも参考にしてみて下さい。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる