マキタ サイクロンアタッチメント 吸引力テスト 色んなゴミ吸ってみた

マキタのサイクロンアタッチメントを取り付けた18VCL181FD(カプセル式)コードレスクリーナーで色んなタイプのゴミを吸ってみました。

果たしてサイクロンアタッチメントはどんなゴミに向いているのか!?それではご覧ください。

※この掃除機は改造して少し短くしてあります。詳細はこちらからどうぞ!

目次

大鋸屑(おがくず)

まずは大鋸屑です。建築現場では定番のゴミとなります。

気持ちいいぐらいすごい勢いで渦巻き、吸い込まれていきます!大鋸屑吸引は最適ですね!一瞬でダストケースが一杯になりますけども(笑)

白い粉

続きまして、白い粉です。無論、危険なものではなく、ただの蒸しパンミックスです(笑)

粒子の細かい粉も、問題なく吸えましたね!ただし、フローリングの目地に固まって詰まった粉はなかなか吸えませんでしたね。でも合格ラインです!

刻んだ紙くず

お次はハサミで刻んだ紙吹雪のような薄い紙です。約1cm~6cm位の大きさでしょうか?

最初は勢いよくダストケースに吸い込まれて行きましたが、直ぐに吸引力が低下!

ノズル先端が詰まってました。

ノズルを外してリトライするも、吸引力が弱くなかなか吸い取れない、、、

ユニット内部が紙で詰まってました。このような刻んだ紙はサイクロンアタッチメントに向かないようです。

お金(硬貨)

続きまして吸引力テストの定番!硬貨!?1円、5円、10円、50円、100円、500円を順番に吸っていきます。

500円玉を吸うときちょっとだけ苦戦しましたが、吸う角度を変えたら何とか吸うことが出来ました!ちなみに、リョービのサイクロンユニットは、吸入経路の構造の問題なのか、硬貨を吸えてもダストケースまで辿り着きませんでした。マキタのサイクロンアタッチメントは優秀ですね~!

最後は水を吸います!当然メーカーでは水を吸うことを想定していませんので、真似はしないでください!

先端を水に入れると、一瞬で吸い取れます!サイクロン式は水も吸えます(笑)※水位がメッシュフィルターを超えると、本体に水が入ります。

掃除機のフィルターはどうなっているか?

以上、色んなゴミを吸ってみましたが、クリーナー本体の高機能フィルターやダストカプセルはどうなっているのでしょう!?

こちらが全て吸い終えた後の掃除機本体内部です!殆どゴミもありませんし、水の浸入もありません!サイクロン式ってすごいですね!

マキタのクリーナーをお持ちの方で、興味のある方は「サイクロンアタッチメント」をお試しになってはいかがでしょうか!

当然、今回テストしたゴミ以外の「室内掃除機がけ」でも活躍してくれると思いますよ!

©makita

【適合機種一覧】

CL106FDSHW/CL106FDZW/CL140FDRFW/CL140FDZW/CL180FDRF/CL180FDRFW/CL180FDZ/CL180FDZW/CL141FDRFW/CL141FDZW/CL181FDRF/CL181FDRFW/CL181FDZ/CL181FDZW/CL107FDSHW/CL107FDZW/CL142FDRFW/CL142FDZW/CL182FDRFW/CL182FDZW/VC260DZ

こちらは色んなゴミを吸ってみた動画版です。こちらも参考にしてみて下さい。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる