マキタ インパクトドライバー ビット取り付け部の分解掃除

マキタ18VインパクトドライバーTD170Dのビット取り付け部(6角軸)の動きが渋くなっていたので分解メンテナンスしてみました。

目次

分解方法

ビット部分の分解は、このスナップリングを外す必要があります。通常専用工具(スナップリングプライヤー)があれば便利ですが、今回は小さめのマイナスドライバー2個で広げて外しました。外す際、バネが入ってますので部品が飛んで紛失する恐れがあるので、箱や布で囲んで作業することをお勧めします。

あると便利なスナップリングプライヤー。

高儀 GISUKE 穴・軸兼用 スナップリングプライヤー 4pcs

スナップリングが外れると、シム、バネ、ボールが外せます。

各パーツをパーツクリーナーで洗浄し、オイルを塗布して組み込み。リングは指のみではめる事が出来ました。※今回はミシンオイルを使用。グリスとかでもよいかも知れません。

スムーズな動きに

分解掃除してオイル塗ったら動きはかなり良くなりましたね!ビット取り付け部は鉄なので錆なども発生しやすいので定期的にメンテしていきたいところですね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる