マキタ純正バッテリーの寿命症状 14.4V3.0Ah

大工の友人から故障したマキタ純正バッテリー14.4V3.0Ah(BL1430)を貰ってきました。

何時買ったかは覚えていないらしいですが、数年間現場で酷使したのは間違いないとの事なので、おそらくバッテリーの寿命だと思われます。

もう見た目も相当ボロボロですね。日曜大工でちょこちょこ使用するのとは訳が違います。毎日ビス打ちに酷使されます!

ほぼ毎日使う勢いだとこれ位までボロくなるんでしょう。

目次

充電してみる

壊れているのは間違いがいないのですが、一応家の充電器で充電してみると・・・

「ピッピッピッ」と規則正しい連続警告音と共に「赤と緑」のランプが交互点滅して充電できませんでした。

こちら動画でご覧いただけます。

取り扱い説明書によると、上記警告音と点滅はバッテリー寿命かゴミ詰まりとのことです。

友人の証言と使用環境から考えれば、寿命の可能性が高いと思います。

セル交換

寿命を迎えたマキタのバッテリーですが、このまま捨てるのもなんか勿体無いような気もします(笑)

噂によると中身を分解して通販で売っているセルを取り付けることで復活するとか!?

しかし、このような行為はメーカーでも禁止してますし、危険なのでみなさまは絶対真似しないで下さい。火傷や充電器の故障に繋がる可能もあります。

そもそもリチウムイオンは扱いが難しく、セル部分の溶着が困難だと思われます。普通の半田では多分無理で、スポット溶接機がないと難しかも知れません。一般家庭ではまず無理ですね。

高価ですが、安心安全な純正バッテリーを買うことをおすすめします!

現場の声を聞くと互換バッテリーも故障も純正より多くしかも寿命も短いみたいです。

マキタ純正14.4Vバッテリー通販相場
▶Amazon▶楽天市場▶Yahoo!ショッピング

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる