マキタ18V充電式クリーナーの手入れ

近頃ちょっと吸引力低下が感じられる我が家のマキタ充電式クリーナー「CL181FDRFW」と「CL182FDRFW」の二機。これらはいずれもサイクロン式に改造しているので、ノーマルよりは吸引力が低下しにくいですが、しばらくメンテナンスしていなかったので、今回まとめて二機メンテしたいと思います。メンテ方法はエアコンプレサーによるエアブローです。

しばらくぶりで掃除するサイクロンユニット。このユニットは目が細かいこともあり、髪の毛などが詰まっていることが多いです。今回も結構絡まってましたね。割り箸などで絡まった髪の毛を取り、エアブローしました。

こちらはサイクロン仕様のCL181FDRFWなので大体のゴミは集塵カプセルに行きますが、大鋸屑(おがくず)などの細かいゴミを吸うとこのように多少本体にもゴミが入り込んでしまいますね。

こちらはダストパックタイプのCL182FDRFWですが、こちらもサイクロン仕様に改造済みなのでダストパックにはあまりゴミは入りません。しかしメンテナンスフリーだとどうしてもゴミが蓄積するので、定期的にお掃除しておいたほうが良いですね!

エアブロー後のCL181FDRFWの本体フィルター!超綺麗になりましたね♪

CL182FDRFWのダストパックもこの通り!

サイクロンユニットもガッチリエアーブロー!中に詰まってた糸くずやゴミが飛んでいったので、吸引力復活間違いなしかと思います!

本体内部や排気フィルターもガッチリエアブローして、今回のメンテはおしまい!

目次

吸引力復活

早速試しに掃除機がけしてみると、やはり吸引力復活していますね!グイグイ吸い取ります!

完全分解してメンテナンスしなくても、エアーブローによる簡易メンテを短いスパンで行うことで、安定した吸引力を得られます。

掃除機の寿命も延びると思いますし、ストレス無く掃除機がけが出来て一石二鳥なので、今後もマメにメンテナンスしていきたいと思っています。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる