マキタ 充電式クリーナー 性能比較表 2019 新型掃除機CL280FD/CL281FD/CL282FD登場!

緊急告知:2019年2月マキタ新型掃除機発売!

2019年2月20日マキタ最高峰18V掃除機にブラシレスモーター搭載の新型掃除機「CL280FD」「CL281FD」「CL282FD」の3機種がラインナップに加わりました。なんと吸込み仕事率は従来型の約1.6倍となる60w(CL280FDは45w)新型の登場で性能比較ランキング表に大きな変動が御座いましたのでご注目ください!
マキタ新型掃除機「CL280FD/CL281FD/CL282FD」に関する詳細記事はこちらから!

これから新たにマキタ充電式クリーナーを買おうとしている方の中には、見た目も似ていますし、機種が多すぎてどれを買えば良いのか良く分からないという方も多いと思います。

そこで、現在マキタのカタログに掲載されているコードレスクリーナー(リチウムイオンバッテリーシリーズ)の性能等を比較し、分かり易くまとめてみました。マキタ充電式クリーナー選びで悩んでいる方の参考になれば幸いです。

今回まとめてみたのは買って直ぐ使える、いわゆるフルセット品となります。マキタでは本体、バッテリー、充電器も単品購入可能な機種もありますが、初めてマキタ製品を買う場合はバラ購入よりも割安になるフルセット品がおすすめです。

目次

新型掃除機ニュース!CL280FD/CL281FD/CL282FDが登場!(発売日2019年2月20日)

新型掃除機はブラシレスモーター搭載の他にも様々な仕様変更がされています。これからマキタ掃除機を新しく購入予定の方は新型が絶対おすすめです!フルセット品ですと高いですけど、すでに18Vバッテリを所持している方なら実勢価格12000円~位から本体のみも買えますよ!
新型マキタクリーナー「CL280FD」「CL281FD」「CL282FD」の特徴をザックリとまとめると、以下の通りです!

ブラシレスモータ搭載で吸引力大幅アップ60W(CL280FDは45W)

ワンタッチパイプロック機構搭載

3段階吸引モード(CL281FD/CL282FD)

トリガ+スライドスイッチ(CL280FD)

ロック機構対応新型サイクロンアタッチメント登場

新型サイクロンアタッチメント用ショートパイプ登場(ストレートパイプ340)

新型高機能フィルタEX登場(CL280FD/CL281FD)

新型HEPAフィルタ登場(CL280FD/CL281FD)

サイクロンアタッチメント付きフルセットが新ラインナップ

※サイクロンアタッチメント、ストレートパイプ340、HEPAフィルタは別売り品だったり、セット品に含まれるものです。

フルセットラインナップ

モデル名電源スイッチタイプ/吸込み仕事率連続使用時間集塵タイプ/容量質量
CL072DSH
(16000円)
差込式7.2V
2段階ワンタッチ
強14w/標準5w
強12分/標準24分紙パック/330ml
ダストバッグ/500ml
0.99kg
CL070DSH
(14300円)
差込式7.2V
トリガー14w12分カプセル/600ml0.82kg
CL102DW
(19500円)
差込式10.8V2段階ワンタッチ
強14w/標準5w
強13分/標準21分紙パック/330ml
ダストバッグ/500ml
1.0kg
CL100DW
(17800円)
差込式10.8Vトリガー14w12分カプセル/600ml0.88kg
CL108FDSHW
(19400円)
スライド式10.8V3段階ワンタッチ
パワフル30w/強20w/標準5w
パワフル10分/強12分/標準25分カプセル/600ml1.0kg
CL107FDSHW
(20000円)
スライド式10.8V3段階ワンタッチ
パワフル32w/強20w/標準5w
パワフル10分/強12分/標準25分紙パック/330ml
ダストバッグ/500ml
1.1kg
CL106FDSHW
(18300円)
スライド式10.8Vトリガー19w16分カプセル/600ml0.98kg
CL105DWN
(14800円)
内蔵10.8V3段階ワンタッチ
パワフル23w/強14w/標準5w
パワフル8分/強12分/標準23分紙パック/330ml
ダストバッグ/500ml
1.0kg
CL105DW
(14500円)
内蔵10.8V3段階ワンタッチ
パワフル20w/強14w/標準5w
パワフル7分/強10分/標準20分紙パック/330ml
ダストバッグ/500ml
1.0kg
CL110DW
(13200円)
内蔵10.8Vトリガー21w10分カプセル/560ml0.93kg
CL142FDRFW
(36000円)
スライド式14.4V2段階ワンタッチ
強29w/標準10w
強20分/標準40分紙パック/330ml
高機能ダストバッグ/500ml
1.4kg
CL141FDRFW
(35400円)
スライド式14.4V2段階ワンタッチ
強29w/標準10w
強20分/標準40分カプセル/650ml1.3kg
CL140FDRFW
(34300円)
スライド式14.4Vトリガー29w20分カプセル/650ml1.3kg
CL182FDRFW
(37600円)
スライド式18V2段階ワンタッチ
強37w/標準10w
強20分/標準40分紙パック/330ml
高機能ダストバッグ/500ml
1.5kg
CL181FDRFW
(37000円)
スライド式18V2段階ワンタッチ
強37w/標準10w
強20分/標準40分カプセル/650ml1.4kg
CL180FDRFW
(35900円)
スライド式18Vトリガー37w20分カプセル/650ml1.4kg
CL282FDRFW
(43600円)
スライド式18V3段階ワンタッチ
パワフル60W/強42W/標準15W
パワフル15分/強20分/標準50分紙パック/330ml
高機能ダストバッグ/500ml
1.5kg
CL282FDFCW
「サイクロンアタッチメント付き」
(46600円)
スライド式18V3段階ワンタッチ
パワフル60W/強42W/標準15W
パワフル15分/強20分/標準50分紙パック/330ml
高機能ダストバッグ/500ml
1.5kg
CL281FDRFW
(43000円)
スライド式18V3段階ワンタッチ
パワフル60W/強42W/標準15W
パワフル15分/強20分/標準50分カプセル/750ml1.4kg
CL281FDFCW
「サイクロンアタッチメント付き」
(46000円)
スライド式18V3段階ワンタッチ
パワフル60W/強42W/標準15W
パワフル15分/強20分/標準50分カプセル/750ml1.4kg
CL280FDRFW
(41900円)
スライド式18Vトリガー+スライドスイッチ45w20分カプセル/750ml1.4kg
CL280FDFCW
「サイクロンアタッチメント付き」
(44900円)
スライド式18Vトリガー+スライドスイッチ45w20分カプセル/750ml1.4kg

※質量はバッテリーを取り付け、ノズル、パイプ類を外した状態。※機種によりカラーを選べるものもあります※通販等の実勢価格は定価よりも30~40%引きで売られていることも多いです。

用語・機能解説

バッテリの種類

マキタ充電式クリーナー(リチウムイオンシリーズ)の電源は差込式7.2V、差込式10.8V、スライド式10.8V、スライド式14.4V、スライド式18V、内蔵10.8Vの6種類があります。基本的に数字が大きい(高電圧)ものが吸引力が高いですが、重量が増し、価格も高くなる傾向があります。現在人気なのはスライド式10.8V、スライド式14.4V、スライド式18V、内蔵10.8Vタイプで、差込7.2V、差込10.8Vタイプの掃除機は吸引力が15W以下と低く、オワコン化しています。マキタで人気のサイクロンアタッチメントの取り付けも向きません。

※バッテリーや充電器の詳細はこちらの記事をご覧くださいませ。

バッテリー互換

充電式クリーナーの場合、スライド式18Vの機種ににスライド式14.4Vは取り付けて使用可能ですが、それ以外の互換性はありません。また、ホームセンター等で売られているマキタライトバッテリも互換しませんのでご注意下さい。

バッテリー内蔵タイプ特徴

バッテリー内蔵タイプは、文字通りバッテリーが掃除機内に納められているタイプの事を言います。充電器も非常にコンパクトですが、急速充電非対応のため、フル充電まで約2~3時間を要します。

バッテリー分離式の特徴

差込7.2V、差込10.8V、スライド式10.8V、スライド式14.4V、スライド式18Vなどのバッテリー分離式は、本体とバッテリーが切り離せる機種です。バッテリーを複数持っていればバッテリーを付け替えて連続使用が可能となります。また、急速充電可能なのでバッテリー内蔵式よりも充電時間がかなり短かいです。運転時間に不満がある場合、別売り大容量バッテリーを買って手軽に運転時間を延ばすことも出来ますので、現在は分離式(セパレート)が人気です。バッテリー種類が同じであればマキタの他の工具に使いまわせるのも人気の理由ですね。分離式の中でも特に人気なのは工具互換機種が多いスライド式10.8V、スライド式14.4V、スライド式18Vの3種類となっております。

紙パック式とは


紙パック式は掃除機に紙パックをセットし、ゴミが溜まったら紙パックを外してそのまま捨てられるタイプの事を言います。手軽な反面ランニングコストが掛かりますね。紙パック式掃除機には再利用可能なダストバッグと高機能ダストバッグも取り付け可能となっていますが、こちらはゴミが溜まったらバッグからゴミを取り出す必要があります。ちなみにこれらの3種のバッグの違いで吸引力も異なり、ダストバッグ取り付け時が一番吸引力が高くなります。

※集塵タイプの違い詳細はこちらの記事を参考にしてみてください。

カプセル式とは

カプセル式は本体前側カプセル部にゴミを集塵するタイプで、紙パックを必要とせず、ランニングコストが掛かりませんが、ゴミを捨てる際にゴミが舞いやすいと言われています。フィルターと再利用可能な高機能フィルターが取り付け可能で、フィルター装着時の方が吸引力が強いですが、フィルターは消耗品ですので、ランニングコストが掛かります。集塵容量は600ml前後と大きめですが、ゴミが溜まるにつれて吸引力が低下するのでゴミをマメに捨てながら使用するのがおすすめです。

ワンタッチスイッチ

一度ボタンを押せば切ボタンを押すまで連続運転するスイッチで、ボタンを押すたびに吸引力を変更する事ができます。機種により2~3モードの切替が可能。現在このタイプの機種が人気です。

トリガースイッチ

トリガーを引いたときのみ運転するスイッチで、無駄な運転が無く節電が可能の様に見えますが、パワー切替が無いためスイッチオンで最大パワーとなり、連続運転時間が短い傾向があります。連続運転だと指が疲れるとの意見も多いですね。

トリガ+スライドスイッチ

2019年2月発売のCL280FDに採用された新しいタイプのスイッチ。トリガを引いているときのみ運転のほか、スライドスイッチを使えば連続運転が可能となりました。長時間掃除機がけの際、指への負担が減り、快適な運転が可能となりました。

LEDライト

スライド式10.8V、14.4V、18V全機種にはLEDライトが装備されており、運転と同時に点灯します。日の差し込まない暗い廊下や、家具の下を照射しながら掃除機がけが出来るようになっています。また、機種により、LEDライトが点滅してバッテリ残量警告をしてくれる機能もあります。

別売り先端アタッチメント互換

現在マキタのカタログに掲載されている充電式クリーナーであれば、全機種パイプやノズルの取り付け径が共通ですので、別売りの先端アタッチメントは全機種に取り付け可能となります。

※アタッチメントの種類に関してはこちらの記事をご覧ください。

吸引力ランキング

マキタ充電式クリーナー(リチウムイオンシリーズフルセット品)を吸込み仕事率の高い順で一覧にしてみました。

順位モデル名吸込み仕事率
1CL282FDRFWパワフル60w/強42w/標準15w
1CL281FDRFWパワフル60w/強42w/標準15w
2CL280FDRFW45w
3CL182FDRFW強37w/標準10w
3CL181FDRFW強37w/標準10w
3CL180FDRFW37w
4CL107FDSHWパワフル32w/強20w/標準5w
5CL108FDSHWパワフル30w/強20w/標準5w
6CL142FDRFW強29w/標準10w
6CL141FDRFW強29w/標準10w
6CL140FDRFW29w
7CL105DWNパワフル23w/強14w/標準5w
8CL110DW21w
9CL105DWパワフル20w/強14w/標準5w
10CL106FDSHW19w
11CL102DW強14w/標準5w
11CL100DW14w
11CL072DSH強14w/標準5w
11CL070DSH14w
吸込み仕事率ナンバー1は、集塵タイプ、スイッチタイプ関係なくスライド式18V機種となりました。そして2位はスライド式14.4V機種と思いきや、スライド式10.8VのCL107FDSHWとなりました。なぜスライド式14.4V機種よりも電圧が低いスライド式10.8VのCL107FDSHWの方が吸込み仕事率が高いのか!?

それはスライド式10.8VのCL107FDSHWは標準付属でダストバッグ仕様だからです。14.4V、18V機種は標準付属で高機能ダストバッグなので少しだけ吸込み仕事率が下がってしまうんですね~!実は14.4V、18V機種にダストバッグを取り付けると14.4V機種で最大吸込み仕事率が5wアップし34wになります。18V機種も5wアップの42wとなります。ですので、ダストバッグやフィルタの条件が同じだと吸込み仕事率は結局バッテリー電圧に比例する形になりますね。因みに14.4V、18V機種のカプセルタイプも高機能フィルタからフィルタに交換することで最大吸込み仕事率5wアップさせることが出来ます。詳細はこちらの記事をご覧くださいませ。

ランキングを見て分かる事は、それなりの吸込み仕事率を発揮するのはスライド式10.8V、14.4V、18V機種、バッテリー内蔵機種ですね。差込式7.2V、10.8V機種は吸込み仕事率15w以下と低い数値となっています。15w以下だとほんとに軽くて小さいゴミしか吸えない「おもちゃみ」たいなものですので、これからマキタの充電式クリーナーを買う予定の方は選択肢から外す事をおすすめします。

連続運転時間ランキング

マキタ充電式クリーナー(リチウムイオンシリーズフルセット品)を運転時間の長い順で一覧にしてみました。。

順位モデル名連続運転時間
1CL282FDRFWパワフル15分/強20分/標準50分
1CL281FDRFWパワフル15分/強20分/標準50分
3CL182FDRFW強20分/標準40分
3CL181FDRFW強20分/標準40分
3CL142FDRFW強20分/標準40分
3CL141FDRFW強20分/標準40分
4CL107FDSHWパワフル10分/強12分/標準25分
4CL108FDSHWパワフル10分/強12分/標準25分
5CL072DSH強12分/標準24分
6CL105DWNパワフル8分/強12分/標準23分
7CL102DW強13分/標準21分
8CL280FDRFW20分
8CL180FDRFW20分
8CL140FDRFW20分
8CL105DWパワフル7分/強10分/標準20分
9CL106FDSHW16分
10CL100DW12分
10CL070DSH12分
11CL110DW10分
バッテリー電圧が高く、パワー切替がある機種が連続運転時間が長い傾向がありますね。最下位のCL110DWは内蔵式バッテリーなので充電時間に3時間も掛かった挙句に使用できる時間は10分。今の時代、これは考え物ですね。吸引力はそこそこですが、選択肢から外した方が良いと思います。

充電時間ランキング

マキタ充電式クリーナー(リチウムイオンシリーズフルセット品)を充電時間の短い順で一覧にしてみました。

順位モデル名充電時間
1CL282FDRFW22分
1CL281FDRFW22分
1CL280FDRFW22分
1CL182FDRFW22分
1CL181FDRFW22分
1CL180FDRFW22分
1CL142FDRFW22分
1CL141FDRFW22分
1CL140FDRFW22分
1CL108FDSHW22分
1CL107FDSHW22分
1CL106FDSHW22分
2CL072DSH30分
2CL070DSH30分
3CL102DW50分
3CL100DW50分
4CL105DWN180分
4CL105DW180分
4CL110DW180分
スライド式10.8V、スライド式14.4V、スライド式18V分離式バッテリーはバッテリーを冷却しながら急速充電できるので充電時間はかなり早いです。一方、最下位3機種のバッテリー内蔵タイプは満充電まで3時間掛かります。充電時間が長く、バッテリーを交換して連続で使用できないのは大きなデメリットです。分離式バッテリーの別売り大容量タイプでも充電に3時間かかるものはありません。

重量ランキング

マキタ充電式クリーナー(リチウムイオンシリーズフルセット品)を重量の軽い順で一覧にしてみました。

順位モデル名重さ
1CL070DSH0.82kg
2CL100DW0.88kg
3CL110DW0.93kg
4CL106FDSHW0.98kg
5CL072DSH0.99kg
6CL108FDSHW1.0kg
6CL105DWN1.0kg
6CL105DW1.0kg
6CL102DW1.0kg
7CL107FDSHW1.1kg
8CL141FDRFW1.3kg
8CL140FDRFW1.3kg
9CL142FDRFW1.4kg
9CL281FDRFW1.4kg
9CL280FDRFW1.4kg
9CL181FDRFW1.4kg
9CL180FDRFW1.4kg
10CL282FDRFW1.5kg
10CL182FDRFW1.5kg
重量は基本的に吸込み仕事率に反比例し、パワフルな機種ほど重くなっています。吸引力が強い機種はバッテリーやモーターが大きくなってしまうので仕方ないですね。吸込み仕事率と重量のバランスが取れている機種はマキタ充電式クリーナーで人気ナンバーワン機種のCL107FDSHWかと思います。まさに軽くてパワフル!

価格ランキング

マキタ充電式クリーナー(リチウムイオンシリーズフルセット品)を価格の安い順で一覧にしてみました。※表内のモデル名をクリックするとAmazonの価格相場にリンクします。

順位モデル名価格
1CL110DW13200円
2CL070DSH14300円
3CL105DW14500円
4CL105DWN14800円
5CL072DSH16000円
6CL100DW17800円
7CL106FDSHW18300円
8CL108FDSHW19400円
9CL102DW19500円
10CL107FDSHW20000円
11CL140FDRFW34300円
12CL141FDRFW35400円
13CL180FDRFW35900円
14CL142FDRFW36000円
15CL181FDRFW37000円
16CL182FDRFW37600円
17CL280FDRFW41900円
18CL281FDRFW43000円
19CL282FDRFW43600円
20CL280FDFCW
(サイクロンアタッチメント付き)
44900円
21CL281FDFCW
(サイクロンアタッチメント付き)
46000円
22CL282FDFCW
(サイクロンアタッチメント付き)
46600円
価格は基本的に吸引力に比例している事が分かりますね。吸引力が高い=高電圧バッテリーとも言い換えられます。価格はマキタの定価ですので、通販などの実勢価格だと表の価格よりも30~40%は安いと思います。

バッテリー互換数ランキング

分離式バッテリーは掃除機以外の多くのマキタ電動工具に互換します。DIYに興味のある方は掃除機以外でも用途がある分離式バッテリー機種がおすすめです。

順位バッテリータイプ互換数
1スライド式18V
237モデル
2スライド式14.4V130モデル
3スライド式10.8V90モデル
4差込式10.8V27モデル
5差込式7.2V13モデル
6スライド式36V12モデル
714.4V
ライトバッテリ
9モデル
8スライド式40V8モデル
918Vライトバッテリ2モデル
互換数が一番多いのはダントツで18V機種となっていますね。現在18Vはマキタ以外の電動ツールメーカーでもスタンダードなので納得です。最近では軽量パワフルコンパクトなスライド式10.8Vにも力を入れているようです。

2019年マキタおすすめ掃除機はこれだ!

2019年になってから発売されたマキタ掃除機全てにパイプロック機能という、ストレートパイプと本体をワンタッチで着脱できる新機能が搭載されました。今後この機能はマキタ充電式クリーナーのスタンダードになっていく事が間違いありませんので、これからマキタ掃除機を購入するので、あれば是非このパイプロック機能が搭載された機種を選びたいところです。

現在マキタのカタログに掲載されているパイプロック付きの掃除機は高効率ブラシレスモーターが搭載されて吸引力が超パワーアップした18V掃除機「CL280FD/CL281FD/CL282FD」の計3機種のみとなっております!これからマキタ掃除機を購入予定の方はこの3機種の中から選びたいところです!さらにこの3機種の中でどれが良いのかといえば、やはり吸込み仕事率が60wのCL281FDかCL282FDとなりますね!集塵方式はお好みの方を選べば問題ないと思います!

マキタのターボ60もパイプロック付き

2019年1月に発売された、マキタのカタログには掲載されていない、通販生活限定モデル「マキタのターボ60」にもパイプロック機能が搭載されています!マキタのターボ60は内蔵式10.8Vバッテリの紙パック式3モードワンタッチスイッチ仕様の掃除機です。吸引力の指標となる吸込み仕事率はパワフルモード時で35wと、10.8V機の中では一番優秀な数値となっています。マキタのターボ60はそこそこの吸引力を持ちながらも軽量で使い易く、価格も13000円程度と安いので主婦層に大人気の掃除機です。コスパで選ぶなら通販生活のマキタのターボ60もありかもしれません。

ロック付きのアサイクロンアタッチメント

マキタ新型掃除機にパイプロック機能が搭載されたのを機に、新たにパイプロック仕様の「ロック付きサイクロンアタッチメント(品番A-68856)」も別売りで発売されました!本体とアタッチメントを確実にロックして取り付ける事ができるので、従来タイプのロック無しサイクロンアタッチメントで散見された「パイプが抜けて外れる」といった問題を完全に克服しています。

ロック付きサイクロンアタッチメントは掃除機の上下どちらにも取り付けが可能なので、好みに応じて位置を変える事ができます。サイクロンの機能やゴミ集塵容量はロックなしサイクロンアタッチメントと同じですが、ロック付きサイクロンアタッチメントは掃除機本体にパイプロック機能が搭載されている掃除機にのみ取付け可能です。

ストレートパイプ340

ロック付きサイクロンアタチメントを掃除機標準付属のストレートパイプに取り付けると、その分全長が約14cm長くなってしまうという致命的な欠点がありましたが、今回、ロック付きサイクロンアタッチメントの登場とともに、全長が長くなり過ぎた分を補正してくれるショート管「ストレートパイプ340(品番A-459481-9)」が発売されました!ロック付きサイクロンアタッチメントを購入したら合わせて入手しておきたいおすすめアクセサリーです!

ロック無しサイクロンアタッチメントに取付けできる?

ストレートパイプ340はパイプ後部にロック機構用の突起があるものの、ロック機構が付いていない従来型のサイクロンアタッチメントにも取付け可能です!

おすすめしない機種

2019年、おすすめしない掃除機は既にお分かりかと思いますが、「パイプロックボタン機能」が搭載されていない掃除機全機種ですね!パイプロック機能は今後マキタ掃除機のスタンダードになって行くのは間違いないはずなので、新たに掃除機を買う際はロック無し掃除機はおすすめしませんね。

クルマで例えるなら、今ロックボタン無し掃除機を買うということは「便利な新機能満載の新型のクルマ」が現在進行形で販売されている最中に、型落ちの「機能も古くなった旧モデル」を買う様なイメージでしょうか、、、中には新機能なんて興味ない方もいるかも知れませんが、多くの方はやっぱり便利な新機能の付いた新しいモデルが欲しいと思います。

今後マキタで新型を発売するであろう10.8Vスライドバッテリ掃除機もパイプロック付きになるのは間違いないでしょう。なので、この記事を読んで頂き、マキタ掃除機新機能パイプロックの存在を知った方は、パイプロック機能付き掃除機を買った方が良いのではないかと思います!この記事がマキタ掃除機選びの参考になれば嬉しいです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる