インパクトレンチでビスが打てる 1/4(6.35mm)ビットアダプター

アストロプロダクツにて1/2(12.7mm)インパクトレンチに取り付けることで1/4(6.35mm)ビットが使える様になる便利なアダプターを買ってきました!

一般的なインパクトレンチのドライブは1/2(12.7mm)ですので、こういったコマを取り付けてボルトナットを緩める事がメインの工具ですが、状況によりコースレッドビスを打ちたい事もしばしばありますよね~!

そんな場面で活躍してくれるのが、1/2(12.7mm)から1/4(6.35mm)に変換可能なビットアダプターです!

目次

使い方は簡単

使い方は簡単、インパクトレンチに1/4ビットアダプターを取り付けるのみ!

あとはインパクトドライバーにビットを取り付ける要領で好きな6角軸ビットをセットすればOKです!

少し長くなる

アダプターはおよそ5cmありますので、取り付けることで本来のインパクトレンチ寸法より長くなります。また、アダプターを介しているせいもあり、ビットブレは顕著になりますね。こればかりは仕方ないです。

使用感

私自身、インパクトレンチ(18VマキタTW285D)でビスを打つのは初めてで、いったいどういったものなのかと恐る恐るコースレッドビスを打ってみると、、、

特に違和感もなく、「ガガガッ」っていう感じでインパクトドライバーと同じような使用感でビスを打つことが出来ました!心配材料のビットブレも実際に使ってみるとそれほど気になりませんでした。インパクトレンチでも意外とビスって打てるんですね♪

まとめ

いざというときの為にインパクトレンチの工具箱にビットと共に入れておくと活躍してくれるアイテムかと思います!

ただし、基本的にインパクトレンチはインパクトドライバーより重量が嵩みますので、あくまでも応急用として所持するのが良いかもしれませんね!インパクトレンチだけで何百、何千のビスを打つと相当腕に負担がかかると思います(笑)

動画

こちらは1/4ビットアダプターを実際に使っている様子です。こちらも参考にしてみて下さい。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる