100均グッズでマキタ掃除機をおしゃれにしてみた

マキタの充電式掃除機はもともと業務用がベースとなっておりますので、家電メーカーの掃除機のようなスタイリッシュさや華やかさはありません。

完全に「ザ、道具」といった感じの無骨なデザインで、機能以外の要素は重要視されていない掃除機と言えます。

今回はこの無骨なマキタ掃除機を100均アイデイアグッズを使って簡単綺麗にイメチェンし、おしゃれにしてみましたので、その方法をご紹介したいと思います。

目次

使用する100均グッズ

今回マキタ充電式掃除機をおしゃれにするために購入した100均グッズはこちら。ダイソー「貼れる布(34.5cm×45cm)」となります。

こちらは品名の通り、布に粘着テープが貼られており、簡単に貼り付けることができる商品で、DIY全般に使える便利なアイテムです。

これをマキタ掃除機のパイプに貼り付け、イメチェンを図るというわけです!これは赤ストライプカラーですが、ダイソーではこのほかのカラーもありましたので、好きな柄を選ぶことができます!

ちなみにダイソーには「布シール」以外にも沢山の壁シールやステッカーがありますので、それらを貼り付けても良いかもしれませんね。今回は普通のシールでは出せない質感や独創性を出すため、殆どの方が思いつかないであろう布シールをあえて選びました(笑)

おしゃれにする方法

まずは布シールを貼り付けるストレートパイプの採寸をしていきますが、ストレートパイプが本体に入り込む部分は布シールを貼ることができませんので、そこに印しを付けておきます。

ストレートパイプの前側のクビレ部分もシールを貼り難いので、そこも差し引いて採寸しました。採寸した結果、35cm×11cmに布シールをカットする事に決定しました。

布シールの裏側には方眼紙のような1cm角の升目があるので、35cm×11cmを罫書きます。こういった升目は地味に気が利いていて使い易いですね!さすがダイソー!

罫書いた通りにはさみでカットしていきます。

ストレートパイプの布シール貼り付け面を中性洗剤を染み込ませたタオルで綺麗に脱脂、洗浄したら、キッチンペーパーやちり紙で水分を完全にふき取ります。この貼り付け面の掃除を怠るとシールがはがれ易くなりますので、面倒でも必ず掃除して下さい。

布シール裏紙の端を2cmほど剥がし、ストレートパイプに貼り付ける準備をします。最初から裏紙を全部剥がしてしまうと、シワの原因になりますし、貼り難いので注意してください。

布シールをストレートパイプのパーティングラインに合わせて慎重に貼り付けます。パーティングラインに合わせて貼る事で、ズレを最小限に抑える事ができます。※パーティングラインとは鋳造や射出成型時にできる微妙な出っ張り線のこと。

パーティングラインに沿って真っ直ぐ貼り付けたら、残りの部分を少しづつ裏紙を剥がしながら慎重に貼っていきます。

ストレートパイプ1周貼り終えたら、貼り付け面全体を握り、圧着させます。

これで作業は完了です!簡単ですね!

完成画像

こちらが100均布シールを貼り付けたマキタ充電式掃除機です!ストレートパイプに赤いストライプを貼り付けただけで、いままでの無骨なイメージから一気にポップで暖かい感じになったと思います!

ポイントはやはり布シールだということ!普通のシールを貼ってもとくに面白みはありませんが、こちらは布素材ですので、見た目の「質感」触ったときの「感触」が全然違います!ダイソー布シールにはこれ以外にも何種かの柄がありますので、他の色も試してみたくなります♪

ダイソー布テープは意外と伸縮性もあり、ストレートパイプ以外の場所にも貼れそうなので、いつか貼ってみたいですね。

シールのベタベタ糊の剥がし方

ダイソー布シールや壁シール、ステッカーを貼ったのは良いですが、いつか飽きが来たり、別カラーにイメチェンしたくなったらシールを剥がすときもあるでしょう。

そんなときに一番厄介なのが、シールを剥がした後のベタベタ糊ですよね。そんな厄介なベタベタ糊を簡単に除去する方法もご紹介しておきますね!

こちらは先ほど貼ったダイソー布シールをビリッと剥がしたところ。結構な糊がパイプに残りました。これを綺麗に除去いたします。

使用するものはどこのホームセンターでも数百円で売られている「パーツクリーナー」です!パーツクリーナーとは主にクルマやバイク、機械整備全般で使用されるパーツ洗浄剤の事を言いますが、これが糊はがしに超便利です!

シール剥がしといえばテレビ番組の裏技的なものでネイル「除光液」を使う方法がありますが、パーツクリーナーの使い方を知っている方からすれば「パーツクリーナーの方がよくね」って思っているはずです。

使い方は簡単で、布やキッチンペーパーに「シュー」っとスプレーし、あとは糊がある部分をふき取るだけです。糊が頑固な場合、同じ作業を数回繰り返します。

パーツクリーナーは石油系溶剤ですので、素材の痛みが心配な方もいるかと思いますが、この程度の使い方でしたら素材へのダメージはほぼないので安心して下さい。

そしてこちらがパーツクリーナーで洗浄した糊が付いていたパイプです。どうですか!?糊が完全に取れていますよね!?パーツクリーナーは糊剥がしのほか、様々な用途がありますので、一家に1本あると超便利ですよ!

ちなみにパーツクリーナーは火気厳禁ですので、絶対に火の側で使わないようにしてください。使用前に缶に記載された注意書き必ずを読んで下さい。

まとめ

今回は100均ダイソーの貼れる布シールをマキタ掃除機に貼り付け簡単におしゃれにする方法をお伝えいたしましたがいかがだったでしょうか!

今回の100均布シールを使った掃除機イメチェン方法は、マキタに限らず、日立、ボッシュ、リョービ、アイリスオーヤマ、ダイソン、シャープなど、どのメーカーの掃除機にも使えるアイディアだと思いますので、是非参考にしてみて下さい!

こちらは動画版です。こちらも参考にしてみて下さい。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる