マキタ掃除機 カプセルが締まり過ぎる不具合

今回はブログ読者Rさまからご意見いただいた際のやり取りをシェアしていきたいと思います。同じような事でお悩みの方は参考にしてみて下さい!

Q
いつも、マキタのコードレス掃除機のレポート楽しく閲覧してます。私もCL180FDZのユーザーですが、最近ある事に気付きました。カプセルを取り付け締めますと、本来の位置より回り過ぎて makita のロゴが傾いた位置になってしまってました。これが初めからなのか、何かがズレたのか分かっていません。これって普通にこんなもんでしょうか。

はじめまして!ブログご覧頂きありがとうございます!
私のカプセル式掃除機CL181FDを確認してみたところ、多少カプセルがずれていますが1cm位です!
それ以上ずれているとなると、カプセルか本体の接合部分が欠損していたりするかもしれません。

この様に返答致しましたところ、R様から次ぎのような返信と画像を頂きました。

早速のレスポンス、ありがとうございます。 また、アドバイス、大変参考になります。
ご相談させて頂いたズレは、確かに 1cm くらいではあります。真上から見ると、結構 「まぬけ」な感じです。(笑) 接合部の破損や欠損は確認出来ませんので、何か あるべき ゴムパッキンなどが 無くなったか、メーカーで 装着忘れ(笑)でもあったのかな? と、疑った次第です。

画像を見ると確かにカプセルが締まりすぎていて掃除機のボディラインがアシンメトリーになっている事が確認できます。マキタのロゴの位置もおかしいですよね。

カプセル接合部には元からパッキンなどは付いていませんので、メーカーの装着忘れでも無いはずです。カプセル接合部の欠けや欠損が無いとのことなので、要因は他の場所にありそうですね。

目次

考察

ということで、今回頂いたご意見。カプセル式掃除機のカプセルが締まり過ぎる(回り過ぎる)原因は何なのか気になったので私のCL181FDを使用して検証してみることにしました!

こちらが私が所持しているカプセル式掃除機CL181FDですが、カプセル位置はほぼ左右対称となっています。ずれていても1cm程度です。果たして読者様の様にカプセルが回りすぎる原因はなんなのか!?考察していきましょう!

マキタのカプセル式掃除機のロック部分は破損防止と磨耗防止のため、一部金属を使用して強化されていますので、ここが擦り減ってカプセルが回りすぎている可能性は低いですね。

そうなると、カプセルの開閉で磨耗する箇所は限定されてきます。そうです、カプセルの淵の部分です。ここが怪しい!

凝視してみると、確かに擦り減っています。もしかするとカプセル淵が磨耗しすぎて回りすぎているのかもしれないですね。ちなみに本体側も磨耗していましたが、カプセル側の方が顕著です。

検証

一つの仮説を立てたところで、本当にカプセル淵の磨耗がカプセルが締まり過ぎる原因なのかを確かめてみたいと思います。

まずは現状のカプセルを閉じた状態のところに合いマークとしてテープを貼り付けます。

サンドペーパーでカプセルの淵を強制的に削ります(笑)削った後に掃除機本体に取り付け、カプセルの締まり具合、位置を確認するという事です!

強制的に磨耗させた(削った)カプセル淵はこんな感じです。全体的に0.5mm位は削れたかと思います。

原因判明

削ったカプセルを本体に取り付けてみると、、、、カプセルが最初の位置より遥かに回りすぎています!テープの幅が18mmですので、約18mmもずれた事になります。マキタのロゴの位置も明らかにおかしいです。

原因は予想通り、カプセル接合部の磨耗によるものと判明いたしました。おそらく今回ご意見を頂いたブログ読者R様の掃除機は長年の使用により、カプセル接合部の淵が磨耗していたのだと思われます。

改善方法

改善方法としては、新品のカプセルを取り付けることで、正しい位置でロックできるようになります。こちらは新品のカプセルを取り付けた状態の画像です。ボディラインを見ていただくと分かりますが、しっかり左右対称ですね!

新品のカプセルは単品購入可能ですし、お値段も安いです。品番と価格は以下の通りです。マキタ販売店より購入可能かと思います。

名称品番税抜価格
カプセル451226-1270円

注意点としては、新品カプセルにはゴミストッパーのゴム弁、ノズル取り付け部のシールが付属してきませんので、リサイクルするか別途購入する必要があります。弁はともかく、シールは無くても問題ないですけどね!※バルブの品番や脱着はこちらの記事をご覧ください

まとめ

マキタカプセル式掃除機において、カプセル接合部に破損が見られないのにカプセルが回りすぎる原因はカプセル淵の磨耗であることの可能性が高いことが判明しました。

マキタカプセル式掃除機をお持ちの方で、同じような症状でお悩みの方は参考にしてみて下さい。今回の記事に関して、画像や意見を提供して下さったブログ読者R様、この度はご協力いただきありがとうございました。またご意見や不明な点があればコメント頂けると幸いです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる