MENU
カテゴリー

ハイコーキ36V充電式ブロワRB36DB(NN) 使ってみた感想

ハイコーキの36V(マルチボルト)充電式ブロワRB36DB(NN) を入手しました!

従来型のブロワといえば本体側面にモーターと吸気口の出っ張りが付いており、ノズルは長めの物が付いているというのが一般的ですが、それだとどうしても全体が大きくなってしまいます。

それに対しハイコーキのRB36DB(NN)は、ブラシレスモーターを採用したり、ハンドル内を送風路として利用することでボディがコンパクト且つ軽量となっています。ノズルもかなり短い仕様ですね。


ノズルが短いと運転騒音がうるさくなりそうですが、そこはファンと風窓(吸入経路)を離すことで回避しているようです。

スイッチはトリガ式ではなくてスイッチパネル式の三段切り替え(強/中/弱)。トリガ式のように無段階調整は出来ませんが、一度押してしまえば電源ボタンを押すまで連続運転してくれますので指が疲れません。


トリガ式だと連続運転すると結構指に負担がかかりますので、結構しんどい思いをしている方も多いと思います。スイッチパネル式だとそのような事は無いですね!

ブロワでは珍しい吊り下げフックも付属(着脱可能、左右取り付け可能)しています。サッと腰に掛けられるのは軽量コンパクトだから出来る事!

目次

RB36DBの仕様

実際に使ってみた

取り回しが良い

実際に使ってみるとやっぱり軽い!コンパクトなので取り回しも楽ですね♪

ノズルが短いので自分の体に付いたゴミ飛ばしなどにもストレスなく使用できます。

ハンズフリーで快適連続運転

パネルスイッチなので一度押してしまえば連続運転出来て指も疲れません!これは地味ですが、嬉しい機能!

スイッチを押してしまえば連続運転可能ですから、このようにブロワを置いてゴミを飛ばしながら作業できるのも良いですよね!風の反動で本体が動く事も無かったです!

風力について

風力に関しては他の方のレビューで、あまり威力がないとの声もありましたが、私が使用した感じではそんなに弱いとは思いませんでしたね。

手持ちのマキタ18V充電式ブロワUB185DZに比べて多少弱いかなと思う位です。しかし、このサイズでそれ位の風量、威力なら満足です。

運転音は静か

運転音は他のブロワに比べて静かな印象。運転音はキーンという感じの高音で同メーカーのサイクロン掃除機R36DAみたいな音です。

振動は無いに等しい

ブラシレスモーターなのでホントに振動も少ないですよ♪振動は無いに等しいのではないでしょうか!

RB36DBは送風温度が高いのも特徴

RB36DBは他のブロワに比べて送風温度が高めなのも特徴です。送風温度は弱→中→強の順に比例して上がり、強に関してはなんと45℃と結構熱めですね。


おそらく高回転ブラシレスモーターから発する熱と送風構造上の特徴だと思われます。

RB36DBは送風経路内にモーターが入っていますからね。一般的なブロワはモーターと送風経路は別々になっていて、熱の影響を受けにくい構造です。

これだけ送風温度が高いと、一般的なブロワとは異なる使い方も出来そうです!

例えはハウスクリーニングなどでで水回りを早く乾かしたりしたいとき、冬季の車のフロントガラスの霜解かし、塗装の強制乾燥などなど!送風温度が高めなことで、一味違った使い方が出来るかと!

以下送風温度計測実験のデータです。※外気温25℃、1分間連続運転時

モード温度(℃)
34.7℃
35.8℃
45℃

因みにマキタ18V充電式ブロワUB185DZを一番風力が強いモードで1分間連続運転した時の送風温度は33℃でした。(外気温25℃)。ハイコーキのRB36DBと比べると送風温度がかなり低いことが分かります。

RB36DBの弱点(欠点)

では弱点が無いのかといえば、やっぱりイマイチかなと思う点もありました。

ノズルが短すぎる

RB36DBは標準ノズルが短いので、直立姿勢の手持ち状態から地面や天井までの距離が必然的に長くなってしまい、風が届きにくいです。


例えば地面の落ち葉飛ばしをする際は、体を前傾してノズルを落ち葉に近づけないと飛ばしにくいです。

地面でしたら体を動かしてノズルとの距離を詰める事も出来ますが、天井だとそうもいきませんので、その点は弱点かもしれません。

これは洗車の水切り時にも言える事で、背の高いクルマの上部の水切りは標準ノズルだと短くて不便ですね。

ただ、そういった場合のために別売アタッチメントで延長ノズルも用意されていますので、そちらを購入すればある程度対処できると思います。

送風範囲が狭い

一般的なブロワと違い、先端ノズルが細いため送風範囲が多少狭いように感じました。

RB36DBは小型ゆえに、搭載されている送風ファンが小さいためか、ノズル先端径を絞って風速を上げているのでしょう。

↓左はマキタ18V充電式ブロワUB185DZ、ノズル先端内径約23mm。右がハイコーキRB36DB、ノズル先端内径約12mm。RB36DBはUB185DZのノズルの約半分の径です。


集じん機能が無い

RB36DBは従来型ブロワと違って吸気口にノズルを取り付けて集塵機として使用することができません。

私自身はブロワに集塵機としての機能を求めていないので問題ありませんが、ゴミ飛ばしと集塵、どちらも必要という方は、従来タイプのブロワがおすすめとなります。

画像はマキタ18V充電式ブロワUB185DZ


すぐに起動できない

パネルスイッチは指が疲れないというメリットがある反面、トリガスイッチのように咄嗟に起動することができないというデメリットもあったりします。

パネルスイッチの場合、特性上どうしてもトリガスイッチに比べてワンテンポ起動が遅れてしまいます。

これは好みの問題もあるので弱点とはいえないかもしれませんが。

RB36DBの別売りアタッチメント

RB36DBを状況ごとにより快適に使用するためのアタッチメントです。

ノズル組と延長ノズルセットは是非揃えておきたいアタッチメントですね。価格もそれほど高くありません。

名称品番価格(税別)
ノズル(B)(先端ノズル)990046280円
延長ノズルセット3159981300円
ノズル組323582830円

RB36DB使用動画

RB36DBを使用して洗車後の水切りをしてみた動画です。こちらも参考にして頂ければと思います。



よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる