ボッシュ ランダムアクションサンダー ラバーパッド交換方法 GEX 125-1AE

BOSCHのランダムアクションサンダーGEX 125-1AE(オービットサンダー125mm)には標準でミディアムラバーパッドが付属してきますが、長い間使用しているうちにマジックテープ部の磨耗やラバーパッド部が損傷したりしてしまいます。

そのような場合はボッシュの別売りアクセサリーのラバーパッドを取り付け、新品に交換する事ができます。GEX 125-1AEのアクセサリーにはミディアムの他、ソフトとハードもありますので、材料や作業内容に合わせてお好みのものを選ぶ事ができます。

目次

ラバーパッドの種類と価格

※品番のリンク先はAmazonとなっております。

パッドの種類品番価格(税抜き)
ソフト26080003513600円
ミディアム26080003492650円
ハード26080003522650円

交換方法

ラバーパッドはトルクスビス4本で固定されています。トルクスビスのサイズはT20ですので、基本的に取り外しにはT20のトルクスレンチが必要です。

しかし、ご覧の通りトルクスビスにマイナスドライバーが入る溝も切ってありますので、トルクスレンチがない場合は幅約5.5mm~6.0mmマイナスドライバーがあれば取り外すことが可能です。

外し方

今回はトルクスレンチを使ってビスを緩めていきます。ビスは正ネジですので、レンチを反時計回りに回すとビスを外す事が出来ます。

ビスを全て外すと、ラバーパッドを外す事が出来ます。ラバーパッドを取り外すと内部が粉塵で汚れてますので、ついでにエアブローやブラシ、濡れ雑巾等で掃除しておくと良いと思います。

取付け方

ラバーパッドを取り付ける際は、本体の突起部4箇所とラバーパッド内側の穴を合わせるようにセットします。

ビスを4箇所締めてラバーパッドを固定すればラバーパッドの取り付けは完了となります。

まとめ

ボッシュランダムアクションサンダーGEX 125-1AEのラバーパッドはDIYで簡単に交換可能です。パッドの消耗や破損、お好みの硬さのパッドに交換しようとしている方の参考になれば幸いです。

動画

ラバーパッドの交換方法を動画にしたものです。こちらも合わせて参考にしてみて下さい。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる